[モグネット] www.mognet.org ホーム インフォメーション お問い合わせ サイトマップ
ニュース ハンセン病 イベント&ワークキャンプ 茂木新聞社
ホーム  >  ハンセン病  >  らい予防法(過去の法律)

らい予防法(過去の法律)

明治40年に「癩予防ニ関スル件」が制定され、1996年まで続いた日本の隔離政策。
ハンセン病患者に対する強制的な隔離を生んだ、日本の過去の法律を紹介します。
1996年に廃止され、強制隔離された患者に対する医療の継続や生活の保障を定めた、
「らい予防法廃止に関する法律」が同年に制定されました。

過去の「らい予防法」や「患者規則」
癩予防ニ関スル件(明治40年)
らい予防法(昭和28年)
患者心得(菊池恵楓園、大正15年)
国立癩療養所患者懲戒検束規定(昭和6年)
らい療養所の三園長の国会証言(昭和26年)
「らい予防法」廃止とそれ以降の法律
らい予防法廃止に関する法律(平成8年)
ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律
ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律施行規則
ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律第2条の厚生労働大臣が定めるハンセン療養所

文中に「癩(らい)」や「癩病」、「癩患者」などと表記されていることがあります。ハンセン病のことを癩と呼んでいた時代がありますが、「癩」には差別的な意味合いも含まれるという意見もあり、現在は「ハンセン病」としています。本ウェブサイトでは、過去の文献で表記されている場合や、著者の意向を尊重した場合など、「癩」と表記されている場合があります。「癩」という言葉は、使い方によって差別的な意味合いを含むことがありますのでご注意ください。

モグネット http://www.mognet.org/
モグネットは茂木新聞社の著作物です。許可無き複製、転載、配布を禁じます