[モグネット] www.mognet.org ホーム インフォメーション お問い合わせ サイトマップ
ニュース ハンセン病 イベント&ワークキャンプ 茂木新聞社

シンポジウム「映像メディアはハンセン病をどう描いてきたか」

終了

ハンセン病をモチーフにした映画やドキュメンタリー作品は今まで数多く作られてきた。このシンポジウムでは、映画とTVドキュメンタリー作品を上映し、ハンセン病が映像メディアの中でどのように描かれ、そして、どのような影響を社会に与えてきたのかを様々な角度から検証し、ディスカッションする。

日時 第1回:2004年5月8日(土)10:00〜16:00
第2回:2004年5月15日(土)10:00〜16:00
第3回:2004年5月22日(土)10:00〜16:00
内容 第1回:映画「小島の春」、TVドキュメンタリー「人間として」
第2回:映画「砂の器」、ほか
第3回:映画「愛する」、TVドキュメンタリー「津軽・故郷の光の中へ」
会場 日本映画学校内大教室(150席)
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30
小田急線 新百合ヶ丘駅 北口〜徒歩1分
入場料 無料
お問い合わせ 日本映画学校 教務課(担当:大西弘幸)Tel: 044-951-2511

お問い合わせ

参加パネリスト

谺雄二 (元全国原告団会長代理、映画「熊笹の遺言」出演)
神 美知宏 (全国ハンセン病療養所入所者協議会事務局長)
平野昭 (元全国ハンセン病療養所入所者協議会中央執行委員)
佐藤忠男 (映画評論家、日本映画学校校長)
各療養所入所者の皆さん、東日本退所者の会の皆さん
ハンセン病のドキュメンタリー番組を制作したTVディレクターなどを予定

[2004年4月24日、モグネット]

モグネット http://www.mognet.org/
モグネットは茂木新聞社の著作物です。許可無き複製、転載、配布を禁じます