[モグネット] www.mognet.org ホーム インフォメーション お問い合わせ サイトマップ
ニュース ハンセン病 イベント&ワークキャンプ 茂木新聞社

韓国キャンプ体験記(2002年参加者)

2002年夏の韓国ワークキャンプに参加した人たちの体験記です。
今年のワークキャンプに参加してみたいなと思っている方は、ぜひ読んでみてください。
そして自分なりにワークキャンプを楽しむための参考になれば、と思います。

■ 森田 健一郎 (2003年韓国キャンプ・総リーダー)
私は去年、初めてこのキャンプに参加しました。
トイレといったら激臭のするトイレ。風呂といったらホースから出てくる冷たい水で、ほとんど体も洗えないような風呂。湯船につかるなんてありえないような状態。洗濯機なんてなく、もちろん手洗い。こうゆうキャンプだと知っているのになぜ、今年も参加しようと思ったのだろうか?
簡単なことで、楽しいからだ。観光では味わえないような肌で感じる異文化。陽気な韓国人学生との交流。村人との交流。毎晩のように行なわれる酒宴。毎日が新しいことだらけだった。
キャンプでの生活に慣れすぎて、日本に帰ってから、日常の生活に戻るのが苦しいほどだった。
こんなキャンプをまたやりたくて今年も参加する。もちろん去年以上に楽しむつもりだ。

■ 香川 朋子 (2003年韓国キャンプ・ワークリーダー)
『えぇ〜>_<無理〜!!』
何が無理かというと、初めて参加するキャンプでKP(Kitchen Police:食事係)リーダーを任されたのです。
最初は、引き受けるかどうか迷いました。でも、他の団体でのキャンプリーダーの経験を生かせるチャンスだと思ったのでKPリーダーをすることにしました。
お陰で私のキャンプはとても充実した中身の濃い12日間になりました。早起きして朝食を作って、買い出しに行って、昼食を作って、休憩(Zzz・・・)して、おやつを作って、夕食を作って・・・と毎日忙しかったけれど、みんなの『おいしかったよ〜』という声を聞くだけで、『やったぁ〜☆よし!次もがんばろう!!』という気持ちになりました。韓国のKPリーダーとはみんな以上に仲良くなり、キャンプが終わったときには、お互い涙・涙・涙でした。
今年のキャンプではワークリーダーをします。
去年とはまた違った体験、発見があることを今から期待しています☆


関連リンク
2003.8 日韓合同ワークキャンプ(関西)

モグネット http://www.mognet.org/
モグネットは茂木新聞社の著作物です。許可無き複製、転載、配布を禁じます