[モグネット] www.mognet.org ホーム インフォメーション お問い合わせ サイトマップ
ニュース ハンセン病 イベント&ワークキャンプ 茂木新聞社

フォトレポート:モロッコのハンセン病

北西アフリカ・モロッコ王国でのハンセン病のフォトレポートです。モロッコ王国のハンセン病の歴史についてのページ「ハンセン病の歴史:ヨーロッパとアフリカ、そしてモロッコ王国」とあわせてご覧ください。

モロッコ国立ハンセン病病院(CNL)(モロッコ・カサブランカ)

1 元患者さんです。ここ国立ハンセン病病院(CNL)で雇われていて、庭掃除や他の雑用をしています。日本では、元患者さんがその病院で雇われるということは、ほとんど無かったのではないかと思います。
2 国立ハンセン病病院(CNL)の中に作られた小学校。小学校にしては生徒が少し大きすぎますが、ここに来るまで、学校には行ったことが無い子供たちが大部分です。ここで読み書きと算数を習います。
3 女性たちの職業訓練として、裁縫の時間があります。午前中は小学校、午後はここで刺繍を習います。
4 素敵な作品ができてきます。これらはそれぞれ院長先生が値段を付けて、売られています。
5 給食が配られています。調理場の窓から、各舎ごとの食事が出され、それを代表者が取りに来ます。
6 男の子たちの昼食風景。
7 アフリカのアラブ諸国にはなじみの深い、クスクスです。金曜日のお昼に、皆で分け合っていただきます。色々な種類がありますが、これは典型的な庶民のクスクスです。
8 病院の庭で、おじいさんたちが日向ぼっこをしながら、診察の順番を待っています。

モロッコ農業・職業訓練組織(AMAAF)の管理する農場

9 モロッコ農業・職業訓練組織(AMAAF)の農場で働く先生。約20人の生徒に農業指導をしています。
10 この農場でたわわに実ったトマト。
11 この農場で学ぶ2人の学生。一人は元患者さん、一人は患者さんの家族です。

リーフ山地のシャウエン

12 村での検診時、昼食に立ち寄る家。
13 こちらから入ります。一家の出迎えを受けました。

[並里まさ子(国立療養所栗生楽泉園副園長) 2003年2月5日]

個人の写真撮影と公開については、本人とモロッコ・国立ハンセン病病院(CNL)院長の承諾を得ています。

本ウェブサイトのすべてのコンテンツは茂木新聞社または原著作者の承諾なしに、「私的使用のための複製」及び「引用」の範囲を超えて、使用することはできません。

モグネット http://www.mognet.org/
モグネットは茂木新聞社の著作物です。許可無き複製、転載、配布を禁じます